有名な宝石 宝石ジュエリープレゼント・誕生石



candy9.jpg

スポンサード リンク

黒太子のルビー

宝石名:黒太子のルビー(Black Prince's Ruby)
宝石の種類:スピネル
発見された時期:1367年以前
発見された場所:不明
特徴:黒太子のルビーと呼ばれていますが、実は140カラットの巨大なレッドスピネルです。

黒太子のルビーの話
黒太子のルビーは、実際には鶏の卵サイズのおよそ170カラット(34g)の大きさのビーズ形をしているスピネルです。現在、その宝石は、「大英帝国王冠(Imperial State Crown of Great Britain)」の正面中央部にある317.40カラット(63.48g)のダイヤモンドであるカリナンII世の上に飾られています。黒太子のルビーはイギリスの王冠宝石の中でも最も古い宝石の一つで、所有は14世紀の中頃まで遡り、黒太子のルビーは、名前の由来となった黒太子として知られるエドワード・オブ・ウッドストックに1367年に与えられて以来、イギリス国王家の所有物となっています。

(続く)
posted by 誕生石 | 有名な宝石
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

candy9.jpg

スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。